ちんまりと

アクセスカウンタ

zoom RSS チケット入手

<<   作成日時 : 2013/03/10 01:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今年も、≪ラ・フォル・ジュルネ金沢≫が開催されます。
今年のテーマは「パリ、至福の時 〜フランスとスペインの音楽〜」

ラヴェル、サティ、ドビュッシー、フォーレ、ファリャ、プーランク、アルベニス、ミシア・セ−ルの曲が、世界各国のアーティストによる演奏で楽しめます。
ひとつの公演が1時間以内、1500円〜2500円で鑑賞できるのがうれしい(子どもさんの割引あり)

で、チケットを入手してきました。
LFJ金沢フレンズに登録してあるので、先行発売で買えたのですが、
座席は指定できないとあったので、
一般発売を待って買いました。

どの公演にしようか迷うのも楽しいですね
今回、娘の予定がどうなるかわからないので、
5月3日の公演だけにしぼりました。
(5/4もあります。オープニングコンサートは4/28。)
ドビュッシー、ラヴェルのピアノ曲もいいなと思ったのですが、
フォーレの夜想曲(ジャン=クロード・ペヌティエ)をチョイス。
そしてドビュッシーの≪海≫を聴きたかったので、
フランス国立ロワール管弦楽団演奏、パスカル・ロフェ指揮の公演のチケットを買いました。
もうひと公演、聴きたいと思いつつ、考慮中。
スペインものが良いかなぁ。
能とのコラボも金沢らしくて魅力的。

ゴールデンウイークのイベントとしてすっかり定着したラ・フォル・ジュルネ。
今年も楽しんできます






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだかステキですね〜。
優雅ですね〜。
うちも3頭身ムチムチ怪獣のために
ミッフィーちゃんのクラシックが入った
CDを買いましてたまにテレビを消して
聞いております。
するとどうでしょう。
白亜の豪邸でお紅茶なんかを飲みながら
聞いているかのような錯覚に陥ります。
実際は畳の上なんですけど・・・
オルゴールの音がするのなんて
こっちが寝ちゃいます。

娘さんが大阪のかっちょいい学校へ行かれると
聞きました。
関西弁はすぐに慣れますが
関西人が言う「ドラえもん」はイントネーションが
変すぎて何年経っても慣れませんぞ。
なにか違ったものに聞こえてしまいます。


大阪のRちゃん
2013/03/14 16:03
Rちゃん、お返事遅くなってごめんなさい〜!
そうそう、クラシックって、催眠作用がありますよね〜。それだけ精神的には良いってコトでしょうか……。

ついこの前も、学校の個人面談があるとかで、大阪に行って来ました。
大阪駅近辺しか行かなかったからか、コッテコテの関西弁は聞けませんでしたなぁ。
でも、標準語でしゃべっていても、イントネーションを聞くと「この人関西の方だな」ってわかる方も……。
「ドラえもん」……聞いてみた〜い!
違ったものに聞こえるって???
娘も、住んでるうちに関西弁になるのかなぁ?
Aちゃんも今じゃ実家に帰っても関西弁だもんねぇ。
みんな、その土地になじんでいくんだね。
コメント、ありがとう♪
ナノカ
2013/03/20 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
チケット入手 ちんまりと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる